趣味のはなし。

Twitter民。140字では語りきれないことをはきだしてます。

君の名は。

見に行こうか悩んでる方は、ぜひとも映画館で見ることをオススメします!!!!

それくらい映像もストーリーも語りも最高によかったです。

www.kiminona.com






(ここからはネタバレにはいります)


入れ替わり最初の神木くんの演技とても可愛くてたまらなかったです。
そしてそのときの友人たちのリアクションも◎

神木さんだけでなく、上白石さんと長澤さんも素敵な演技でした!

最後までハラハラさせられっぱなしで、最後巡り合わない、すれ違ったパターンで終わる可能性もあるなあーとは思ったけども笑顔で終わる終わり方だったので心がスッとしました。
(すれ違ったまま終わるのもそれはそれでいいかも、とは思ったけど)

実は3年前に三葉と瀧は出会ってて、(でもこのときはまだ瀧は三葉の存在をしらない)そのときに三葉の紐をわたされて、今度はそれから瀧がその紐を身につけ、そしてその紐を最終的に三葉に渡します。
この流れがとても美しいなあーと思いました。

あと、三葉が髪を切ったのは失恋的な意味もあったのかなあとかおもったり。

ちなみに個人的にいっっっっちばんテンションあがったのが、観てるときにあれ?もしや!と思ったら、エンドロールみてやっぱり。
古典の先生がユキちゃん先生(CV花澤香菜)だったこと。

言の葉の庭を観られた方はお気づきだと思いますが、言の葉の庭のヒロインがまさしく古典の雪野先生(CV花澤香菜)なのです。


あとそれから三葉ちゃんが髪をリボンで結わえるとき、なぜかほむら結びになってたのが気になりました。どちらもタイムリープ的なお話だし。


とても素敵なお話で、もう一度みたいなあーと思わされる作品でした。